白い歯を持続させる

白い歯を持続させるためには?

白い歯を持続させるには、着色の原因になる飲食の後にうがいや歯磨きをすることが大切です。

 

黄ばみの原因になるお茶やコーヒー、ワイン、カレーやチョコレートなど着色の濃い食べ物を食べたり、
飲んだりした後はいつも以上に念入りに歯ブラシすることが大切です。

 

またタバコなどはヤニなど歯を白く保ちたいのであれば、これらの飲食は摂りすぎないように気をつけたいですね。

 

また着色料を多くふくむうがい薬は注意してください。

 

日々の生活でも気をつけることができますが、
すでに付着してしまった着色物質は歯ブラシなどでは不可能です。

 

市販されている着色物質ステインを取り除く効果のある歯磨きや話題のホワイトニングジェルなどで白い歯を保つことができます。
白い歯を持続させるには日々の積み重ねと努力が必要となり、食べたら歯を磨く、飲んだらうがいをすると言う行動が必要かもしれませんね。

 

これは虫歯予防にも繋がるので飲食後の歯磨きだけでなく、歯と歯の間の歯間ケアも行うといいですよ。

 

また、先ほどは着色しやすい食べ物や飲み物をあげましたが、
歯を白くする食べ物では、しいたけ、人参、タマネギ、パイナップル、ショウガ、パパイヤなどがあります。

 

即効性を求めるなら歯科医院で持続させることもできます。

 

 

>>>歯の着色を落とすことができるホワイトニングジェルはコチラ<<<