家で歯を白くする

歯磨き粉で歯は白くなる?

歯磨き粉は数多くの種類が販売されていますが、虫歯を予防し歯石を取ったり、口臭を防ぐ働きがあります。

 

朝晩、食後など歯磨きをしているのではないでしょうか。
歯磨き粉にはフッ素配合や合成界面活性剤、研磨剤などが含まれる歯磨き粉や植物抽出エキスや塩などの天然成分で作られる歯磨き粉など様々ですが、一般的に歯磨き粉は毎日のブラッシングで歯垢の除去や歯石の沈着、口臭予防、歯周病予防が目的とされています。

 

 

よく見かける市販の歯磨きは研磨剤が含まれるものもあり、研磨剤配合の歯磨き粉で磨けば着色物質の汚れを落とし白く美しい歯になることも可能ですが、研磨剤は汚れを落とすだけの力がある分、歯の表面にキズを付けてしまい、逆に着色しやすい歯にしてしまうんです

 

また使い続けると表面のエナメル質が削られて薄くなってしまいます。
薄くなることで内側の象牙質の色が表れて黄色に変色したかのように見えてしまいます。

 

歯を白くしたいのであれば、ホワイトニングタイプの歯磨き粉をオススメします。
歯科医院でもホームホワイトニングは可能ですが、歯磨き粉タイプのホワイトニングなら自宅で簡単、歯科医院よりお安くできるのが魅力です。


歯のホワイトニングの有効な成分

歯を白くするホワイトニングは比較的簡単に、歯を削らないでできる方法です。
食べ物や飲み物、タバコなどによって歯の表面に着色した汚れを歯科医院や自宅で歯をホワイトニングすることができるんです。

 

歯科医院で使われたり、購入するホワイトニングの主成分は過酸化水素が漂白剤として使われています。

 

 

活性酸素の一種である過酸化水素はオキシドールにも配合され様々な消毒剤として使用されています。
過酸化水素水はホワイトニング剤として厚生労働省で認可されており、安全性に対する研究などは行われ実証され薬剤は低濃度で使われています

 

市販されているホワイトニング主成分は過酸化尿素が主成分になっています。
過酸化尿素も消毒や加工食品にも使われ厚生労働省の認可を受けている成分で自宅でのホワイトニング剤として使用されているようです。

 

ちなみに漂白効果は過酸化水素の約3分の1ですが、歯のホワイトニングは安心かつ安全な薬剤です。
市販されているホワイトニングの中には植物由来成分やラクトフェリンが含まれるものもあり、自然の力で白い歯を保つ働きがあるものもあります。
ホワイトニングの有効成分をチェックして自分に合ったホワイトニングで歯を白くしつづけたいですね。