歯に付く黄色い汚れ

歯に付く黄色い汚れの正体とは?

ちゃんと歯磨きをしているはずなのに鏡で見ると歯に黄色い汚れが付いている・・・
こういったことに悩んでいる人も多いことでしょう。

 

 

歯に付く黄色い汚れについては考えられることがいくつかあります。
まずは歯磨きをしているつもりではいるがちゃんと汚れを落とすことができていない。

 

 

飲食をすると少なからず歯には汚れが付着してしまいます。
この歯に付着した汚れのことをステインといい、歯の黄ばみの原因となってしまいます。

 

 

通常このステインというのは正しい歯磨きをしていれば落とすことが可能です。
しかし、歯磨きをするスパンが長かったり、磨き残した部分があるとそういった場所に
徐々に沈着してしまい、歯が黄色く汚れたように見えてしまいます。

 

歯に付く黄色い汚れの正体とは?

 

対策としてはステインを除去する歯磨き粉やホワイトニングジェルを利用するのがいいでしょう。

 

歯を白くする効果のあるホワイトニングジェルに関しては「歯を白くする裏ワザ」の記事内で詳しく紹介しているので参考にしてくださいね。

 

その他に歯に付く黄色い汚れの原因として考えられるのは象牙質の変色です。
象牙質というのは歯の表面のエナメル質のさらに内側の部分のことを言います。

 

 

この象牙質は元々真っ白というわけではなく若干黄色がかったような色をしているのですが、
歯の神経を抜いて栄養が行き渡らなくなったり、年齢を重ねたりすると黄色い色が強くなってきます。

 

 

神経を抜いている場合は黄色というよりは茶色くなってしまうケースもあります。
この象牙質の色が歯の表面のエナメル質から透けて黄色い汚れのように見えることがあります。

 

 

表面を覆っているエナメル質が歯磨き粉の研磨成分や、酸によって削れたり、溶けたりして薄くなると
この象牙質の色味がより外から見た時に目立ってしまうことにもなります。

 

 

こういった象牙質の変色によって黄色い汚れのようになっている場合は、本格的なホワイトニングや
内部に浸透するタイプのホワイトニングジェルを利用しないと歯を白くするのは難しいでしょう。